ただ、旅がしたい


みなさんは旅をする理由がありますか?

それは社会性のある立派なものですか?自己中心的なものですか?

ぼくは、ただひたすらに旅がしたかった、それだけです。

旅って、なんか魅力的じゃないですか。刺激的な経験ができそうな気がしませんか。なんか、カッコよくないですか。

旅をする理由は常にあいまいです。それでいいと思います。

旅という発見機


世界を旅すると、見たことのない景色見ることができます。全く異なる文化に触れることができます。最高の笑顔も最低の経験もすることになるでしょう。

その中で、何か発見があるはずです。

それらひとつひとつの発見を大切にしておくと、どこかで点と点が繋がって線になり、やがて形になっていくのかなと思います。

ふと、

ぼくのあいまいな旅にも共通点が見えてきました。ヒッチハイクやボランティアをする中で、ふたつのキーワードが頭に浮かんできました。

「人」と「自然」

ぼくの旅の中心には、常にこのふたつがありました。これがぼくの旅のコンセプトになりました。


世界中の人と自然に触れる旅

ABOUT

ひろたつ
旅人
ニュージーランドを放浪中の24歳
「世界中の人と自然に触れる旅」
ヒッチハイクとボランティアでゼロ円ワーホリ中
account
HISTORY

  • 1994年12月8日生まれ
  • 2016年8月 初海外
  • 2017年3月 卒業旅行(10カ国)
  • 2017年4月 都内のIT企業に入社
  • 2018年7月 退職
  • 2018年8月 ヒッチハイク日本一周
  • 2018年9月 ゼロ円ワーホリ(NZ)
PROJECT

ヒッチハイク日本一周

ある朝家を出た。徒歩で大通りまで行き、そこからヒッチハイクで最南端の佐多岬へ。そのまま最北端の宗谷岬へ。そしてヒッチハイクで家の近くまで帰ってきて、徒歩で帰宅する。「移動は徒歩かヒッチハイクのみ」「宿は使わない、基本的には野宿」がマイルール。結果、41台の車を乗り継いで、達成することができた。さらに、今回の挑戦で使ったお金は「ゼロ円」(フェリー代を除く)。ご飯や飲み物をすべてヒッチハイクでお世話になった方にごちそうして頂いた。寝床は野宿を基本としていたが、ヒッチハイクでお世話になった方の家に泊めてもらうこともしばしば。最初は自分との戦いという挑戦だったが、気づけば「人の優しさに触れる旅」となっていた。すべての関わって下さった方々に、心からの感謝を伝えたい。本当にありがとうございました。

ゼロ円ワーホリ(ヒッチハイクニュージーランド一周)

「ヒッチハイク」と「ボランディア」で移食住にかかるお金をゼロ円に抑えてニュージーランドを一周するという挑戦。生活の基本である「衣食住」をゼロ円に抑えることができれば、お金を使わずに一年間ニュージーランドに滞在できるのではと考えた。衣類は日本から持ってくれば良い。代わりにニュージーランドを一周したい。そこで衣類を移動に変更し、僕の生活の基本を「移食住」と再定義。これにかかる費用をゼロ円にしてワーホリをすることに。もちろん最低限必要なお金はある。家からの電車代や飛行機代、島移動等。それらの費用を10万円以内に収めよう。また、活動資金としてクラウドファンディング(Polca)で3万円近くのご支援を頂いた。ご支援して下さった方々に、心からの感謝を伝えたい。「初期費用100万円」「語学学校からのジャパレス」と言われている「ワーホリのあたりまえ」に対して一石を投じたい。そしてワーホリの敷居を少しでも下げたい。そんな想いのこもった挑戦。

ヒッチハイクオーストラリア一周

オーストラリアをヒッチハイクのみで一周する。最北端、最南端、最西端、最東端とエアーズロックをチェックポイントとし、移動はヒッチハイクか徒歩のみ。日本のアウトドアブランド、株式会社mont-bell様にスポンサードして頂き、約20000kmの旅をする。まだ始まっていないが、現在着々と準備を進めている。航空券の手配、ルートの選定、スケジュール予定、予算など。この活動を通して、「ヒッチハイク」に関する確かな情報発信をしたい。そしてヒッチハイクに興味を持っている人の背中を推したい。そんな挑戦。

CONTACT

お問い合わせは、Emailまたは下のコンタクトフォームからお願いいたします。
WHERE

© 2019 hirotatsu.